行け麺!食堂

グルメと呼べる者ではありませんが、麺類全般大好きで、ラーメン店を中心に麺屋などのお店をご紹介します。

博多長浜麺食堂ちー坊で食べた極細麺はバリカタで注文できなかった5

お盆で帰省した帰り道、やはりラーメンが食べたくなって
方向音痴の旦那の運転で、山形市内を車で走っておりました。
どことも当てもなく走って見つけたお店がこちら、
tibou (1)

博多長浜麺食堂「ちー坊」です。以前から一度
お邪魔したかったのですが、今日実現しました。

博多というぐらいだから、豚骨ラーメンだよね。
豚骨は好きだから、一度行きたかったのです。

tibou (3)
博多のラーメンによく登場する、紅生姜や高菜もあります。
今では当たり前ともいえるエコ箸、ティッシュ、調味料など
きれいに並べられています。

tibou (11)

tibou (6)
ご飯好きの私は、ミニチャーハンとセットになった
「ちー坊セット790円」なるものをチョイス。チャーシュー丼と
チャーハンどちらを選ぶか、最後まで迷った末の注文です。



tibou (5)

tibou (7)
納豆は大好きですが、こんなメニューは注文したことがありません。


旦那は長浜ラーメンの大盛りを頼んだところ、替え玉しか
無いのだそうです。あとで気が付いたのですが、豚骨ラーメンは
中華麺を使用していて、長浜ラーメンは極細麺を使っています。
よく考えれば当然なのかも知れませんが、私はわかりませんでした。
tibou (10)

すぐさまラーメンが到着です。
tibou (8)



もっと独特の豚骨くさいのを想像していましたが、山形の土地柄を
考えてのことか、このお店の自慢の味がこれなのかはよく
分かりませんが、癖のない食べやすいスープです。

麺は極細面。普通でもはじめはかなり堅く感じられます。
堅い麺は意外と平気ですが、極細麺独特の粉っぽさが感じられ
ます。山形で食べ慣れたせいか、麺に少々抵抗を感じました。


煮卵はちょっと小さい卵だな・・・などと考えつつ、
tibou (4)
チャーシューもおいしくいただきました。
チャーシューは厳選された山形の豚肉を
使用しているそうです。

苦手の岩のり?が入っていました。苦手といっても
何の抵抗もなく食べられるのですが、ラーメンにのりは
いらない派です。入っているときは、溶け出して匂いが出ない
うちに早めに食べてしまいます。


チャーハンは私好みの味。
旦那の替え玉は・・・スープがぬるく
なりそうで、私は大盛りの方が好きなようです。
豚骨ラーメンなら、中華麺で大盛りにできそう。
次回はそれで頼んでみよっと。


ごちそうさまでした。またお邪魔します。
tibou (9)




博多長浜麺食堂 ちー坊ラーメン / 東金井駅北山形駅
昼総合点★★★☆☆ 3.3


 

札幌厚別区「大和軒」の醤油ラーメン500円台とコスパ最高5

北海道帰省の旅、ラーメンの締めはここ。
厚別区にあるラーメン店「大和軒」です。
yamatoken (1)


ラーメンが食べたい私と旦那を連れて行ってくれたのは
今風じゃないラーメン屋さんでした。
姉に「きれいなお店じゃないよ」と言われるがまま
ついてきたのですが、ついて一安心油ギトギトの
昔の中華料理店満載のラーメン屋を想像していたものの
まぁ普通のラーメン屋で安心しました。

yamatoken (2)
二日酔いの旦那と共に注文したのはもちろん醤油ラーメン。
姉の旦那は普段注文しているであろうランチセットの味噌を
注文していた。

ライスは大中小どれもが100円。大盛り半玉または1玉100円。
良心的な価格設定に喜びを隠せません。

yamatoken (3)

ラーメン・餃子とライスで790円はうれしい値段設定。
近くにあったら時々お邪魔したいお店です。
私が注文した醤油ラーメンは、驚きの590円。
札幌でも500円台のラーメンてあるんだなぁ・・・と
感心しました。
yamatoken (4)

yamatoken (5)

yamatoken (6)
ラーメンライス大好きな私としては、姉と一緒に食べるべく
ミニ豚丼300円も追加注文。

お昼もかなりすぎた時間ではあるが、お客さんが切れることなく
来ていました。地域で愛されるラーメン店であることがうかがえます。



しばらくしてラーメン到着です。


yamatoken (7)

何と、鉄鍋で登場ではありませんか?
色といい脂といい私好みのラーメンです。

近頃では〆のラーメンは殆んど食す機会が無くなりましたが、
飲んだ次の日ラーメンは、体が欲しがります。



大和軒ラーメン / 大谷地駅ひばりが丘駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5

駅前旅館のラーメン健在。人気店は遠くからマニアが食べにくる。5

2年ぶりに駅前旅館を訪れました。
今回の帰省では、駅前旅館はないかも・・・と思いながら
友達の家にお泊り。


二日酔いも冷めぬまま遅く起きてまた、ダラダラと会話。
友達が「ラーメン食べたくない?」 と聞くではありませんか?
ラーメンを拒否するなんて大それたこと毛頭ございません。
旦那と三人一致で、駅前旅館を目指します。


駅前旅館は、文字通り駅前の旅館が本業ですが
比較的時間の自由が利くお昼時の営業で、食堂を始めました。
評判が良く口コミで、遠くからラーメンマニアが訪れるように
なりました。


開店当初はお昼だけの営業でしたが、現在は夜も営業しているようです。
当初のメニューはラーメンとカレーのみでしたが、現在のメニューは
確認していません(目もくれずラーメンセットを頼んだので)
カレーを目当てに来る人も多いようです。




店主が「3階へどうぞ!」と愛想良く出迎えてくれます。
もちろん3階なんてございません(笑)
2階の旅館の客室がラーメン食堂に早変わりです。
私は初めてお邪魔した2階でした。
ekimaeryokan (1)


ekimaeryokan (3)
ここのカレーも評判が良く、サラダも付いたラーメンセットを
注文する人が殆どのようです。
半ラーメン、半カレーの域ははるかに超えた量です。
前回よりも値上げになったみたいですが
ボリューム満点、ラーメンセットで900円はコスパ良すぎです。


この味を求めてラーメン食べ歩くのですが、出会うことができません。
すき透るあっさりラーメンが苦手で・・・。
あ~~この味、た・ま・ら・な・い。


ekimaeryokan (4)

このカレーに入った塊の肉の大きさには、始めて食べたとき
とてもびっくりしたものです。今でこそ驚きはないものの、
ホロホロとスプーンでも崩れる肉の柔らかさ、
辛さは弱いですが、とても小さな食堂の味とは思えません。


普段の動画では音声を削除するのですが、スープを飲んで
友達が思わず発した「しみる~~~」の言葉は編集で残しました。
余りにも実感のこもった言葉だったので、消すには惜しかった・・・。


食は文化・・・食べなれていると言えばそれまでですが
この味が最高にお気に入り。
久々に北海道のラーメンを食べることができて幸せです。

 ekimaeryokan (5)

ごちそうさまでした。またお邪魔します。

 
スポンサードリンク
  • ライブドアブログ